インプラントの注意点

インプラントはよく入れ歯と比較されますが、入れ歯が物を食べる際に口の中でグラグラしてしまうのに対して、インプラントは歯の下のあごの骨にしっかり固定されるためグラつきません。
天然の歯と同じように使えるのが最大の魅力でしょう。


インプラントの手術を行うクリニックが増えてきていますが、事故やトラブルについても耳にします。
インプラントは簡単に口の中に挿入できる入れ歯と違って、あごの骨にドリルを使って穴をあけ、そこにインプラントを埋め込む大きな手術です。
設備の整っていない小さなクリニックや、知識や技術の足りない歯科医にとっては難しい手術となります。


1時間程度ですむ、いかにも簡単な手術であるかのように宣伝しているクリニックがありますが、歯の治療にしては1時間もかかる、麻酔が必要で大がかりな手術と考えた方がいいでしょう。
難しい手術であることを認識しており、手術をするメリットについてだけでなく、デメリットもきちんと説明してくれる歯科医を選びましょう。


インプラントの手術をして失敗する原因として、歯ぐきの状態があまりよくないこともあげられます。
状態の悪い歯ぐきに穴をあけ、インプラントのような異物を埋め込むことは危険なことです。
また、歯科医がその人の歯ぐきの状態に合わないインプラントを使ったり、不適切な素材を使用することでも、口腔内のトラブルにつながってしまうケースがあります。
ほかに、インプラントで感染症にかかるケースもあるので、手術後のデンタルケアに関しても注意が必要です。


[Recommend site]
表参道でインプラントの手術を行うクリニックです > > インプラント手術